在り方

君は自分の【価値観マップ】を持っているか?

みなさんこんにちは、くろです

皆さんは自分の【価値観】について考えたことはありますか?

私はこれまでの人生の中で自分の【価値観】について

深く考えたことはありませんでした。

「あの人とは価値観が合わない気がする~」とか、それくらい。

これ、感覚的に分かってはいてもいざ説明してみて!となると

出来ない人も多いんじゃないでしょうか?

私が自分の【価値観】について明確に考え始めたのは

「リベ大」の両学長が掲げている

「人生に羅針盤を持とう」という考え方に触れたのがキッカケでした。

 

「人生に羅針盤を持とう」

「リベ大」こと「リベラルアーツ大学の両学長」とは

 

両さんとは日本一自由なIT会社の社長兼投資家の方です。

その両さんと有志スタッフの方々が運営しているWebコンテンツの総称が

「リベラルアーツ大学」です。

「自由に生きる人を増やしたい!」という想いのもと、

《時間の自由》《経済の自由》《精神的自立》を得るために必要な知識を

様々な形で配信している方です。(引用)

https://liberaluni.com/about

 

初めて出会ったのはYouTubeの動画でした。

お金にまつわる話や働き方にまつわる話、

人生論など「今とこれからをよりよく生きるため」のコツを

発信してくれている方なのですが

上で触れた「人生に羅針盤を持とう」の動画には

特にビビッとくるものを感じたのを今でも覚えています。

まだ見たことないよって方はぜひ一度見てみてください。

一度は見てみる価値があると思います!

↓動画URLはこちら↓

https://youtu.be/6xiWPkq5vBc

人生をよりよく生きやすくするためには

リベ大の両さんは(ここからは敬意を込めて両学長と呼ばせていただきます…!)

なにごとにも

①その人がどんな価値観を持っていて

②何に幸せを感じるか

③どんな人生を歩みたいか

によって、「何をどうするべきか」という答えは変わります。

そのためまずは

「自分自身の価値観を良く知ること」こそが、

自由で豊かな人生を歩むための第一歩と言っても過言ではありません。

と、言っています。

自分自身の価値観をよく知るために使われるのが、

【人生の羅針盤】です。

人生の羅針盤(価値観マップ)とは

 

両学長は【人生の羅針盤=人生の軸】だと語っています。

そんな【人生の軸】を明確に言語化していくのが【価値観マップ】です。

言葉がたくさん出てきてしまいましたが

【人生の羅針盤=人生の軸=価値観マップ】と思ってもらって大丈夫だと思います。

(ダメだったらすみません…)

 

【人生の羅針盤=価値観マップ】があると

 

・自分が取るべき選択はどれか

・どんな生き方をしたいか

・自分が幸せだと感じることはなにか

・自分がやるべきではないこと

 

の指標になります。

 

生きる上で様々な選択肢に迫られた時の選択基準表(図)

と言っても過言ではないかもしれません。

 

私も実際に作ってみた上での感想ですが

これ、「ふんわり感じている」のと

「明確に言語化する」のでは全く違います!

これは断言できます。

作る前の私は

「そんなに深く考えたことはないけどなんとなくこれが大事。

 みたいなのはあるから、まあすぐできるかな~」

くらいに思っていたんです。

でもいざやってみると、

自分のことなのに、全然分からなくって。笑

好きなこととか何が幸せかとか

言葉にするのってとても難しくて、

あ、自分のなかの大切なものって

こんなに曖昧なものだったんだ、、、と思いました。

人によってはあれよあれよと言葉が出てきて

溢れかえっちゃうような人もいるみたいですが。。。

みなさんはどうでしょうか。

詳しいやり方なんかはリベ大が発信しているこちらの記事が

とても参考になるので気になる方はぜひ一度トライしてみて下さい。

というより皆一度はやってみることをおすすめします!

https://liberaluni.com/valuemap-190530#i-3

じゃあ「価値観マップ」をもってたところでなんなのよ

 

人生は選択の連続です。

その一つ一つを丁寧に時間をかけてじっくりと選べるなら、

それに越したことはないでしょう。

でもそうも行かない時が多いのが人生です。

そんな時に【価値観マップ】一つあるだけで、

選択のしやすさ、生きやすさが圧倒的に違ってくる。

【価値観マップ】にはそんな力があると思います。

 

現在、私がひねりにひねって絞りだした「幸せ」とは

・楽しいこと

・食べること

・寝れること

・本を読めること

・自信があること

・かっこよくあること

・自由であること

・少なくていいから友達がいること

・家族と良好な関係でいること

・ある程度のお金に困らないこと

・好きなことに時間を使えること

・たまにおでかけできること

でした。

まだまだ全体的に深堀りが甘くて

とても抽象的なので、完成ではないんですけどね

まあでもとりあえず今の私はこれらが満ちていれば、

ある程度幸せに生きれるんだという事を

知れただけでも成果だったのではないかと思っています。

これからもさまざまな岐路に立たされることが

あると思いますが、価値観マップのおかげで以前よりも

選択に迷いと悔いが少なく済むんじゃないかなと、そう思っています。

 

まとめ

 

今回紹介した【価値観マップ】、いかがだったでしょうか。

私自身まだ未完成ではありますが、それでも十分にやる価値のあるものだったと

そう思っています。皆さんに少しでもこの良さが伝わっていると嬉しいです。

 

最後になりますが、両学長は【価値観マップ】は定期的に見直すべきだと言っています。

人も世の中も時間と共に様々な変化を遂げます。

変わるか変わらないかは人それぞれですが、こまめに見直しながら

自分の移ろいを楽しむのもありかもしれません。

 

両学長はこれ以外にもたくさんの優良な情報を毎日配信してくれています。

一緒に学んでより良い人生になる様がんばっていきましょう!

 

それでは。